スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルアル ヒストリー(4) アリババ作戦

エルアル航空は他の航空会社の設立とは違い、本国の人間を海外に連れていくよりも、世界各地に離散していた同胞ユダヤ人をいかに多く連れてくるかという使命を帯びた点ではユニークです。

イエメンの救出作戦に続き、1950年3月から翌51年12月まではイラクにいたユダヤ人11万3000人が飛行機に乗せられてイスラエルに帰還したのです。これを「アリババ作戦」または「エズラ・ネヘミヤ作戦」とも呼ばれています。

エズラ・ネヘミヤとは旧約聖書に登場するユダヤ人で紀元前5世紀バビロニア(今のイラク)の捕囚から解放され帰還した中で中心的な役割を果たした人物です。その頃にそのままイラク地方に残ったユダヤ人がいたというからやはり2500年の長い期間もコミュニティがあったので驚かされますよね。

大戦中、親ナチスであったイラクではユダヤ人の生活は苦しめられてきました。41年には暴動で180人のユダヤ人が殺されます。そしてイスラエル建国前にはさらに状況は厳しくなりました。イラクからの「すべて財産を置いて行くならばユダヤ人は海外に出て行ってもいい」という命令が下ったためイスラエ政府とエルアルは急いで輸送のための飛行機を準備しました。最初はキプロス経由でしか飛ぶ許可が下りませんでしたが、最後はイスラエルのロッド空港までイラクのユダヤ人を運ぶ比較的な大きな飛行機を飛ばしたそうです。


↑テルアビブのロッド空港に降り立つイラクからやってきたユダヤ人

イラク各地から追われるように集まってきたユダヤ人は緊張していました。しかし、飛行機に乗るとみな、ほっとしてエルアルのスチュワーデスの着けていたダビデの星の腕章を見ると集まってきてそこにキスするので大変だったというエピソードがあります。エルアルのコマーシャルで「どこよりも自宅と感じる場所!」というのがありますが、迫害の多い歴史を通ったユダヤ人にとって自分の国の航空機に安心し乗れるというのはきっと私たちの想像以上のことなのでしょう。 

50年代の帰還運動はイラクだけではありません。インドからヨーロッパから次々とユダヤ人は飛行機でイスラエルの国に帰ってくることができました。数十万を運んだエルアルのパイロットやクルーそしてエンジニアにいたるまでこのユダヤ人救出は人生において一番心が燃やされた仕事であったそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

elal fan

Author:elal fan
エルアル・ファンクラブへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。