スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミサイル回避システム MUSIC採用

民間航空機が間違って第三国の領域に入り、スクランブルがかかって、地上からはミサイルが飛んでくる― これは映画の話でなく今でも起こっている出来事です。
先日は北朝鮮=韓国の国境で民間機があわや攻撃を受けるというニュースがありましたね。

エルアル航空は2006年以来、地対空ミサイルを避けるための赤外線装置を全機に装着してきました。これは民間旅客機として初めての試みで、費用も莫大なものですが、「世界で一番安全な飛行機」の看板は伊達ではありません。安全にはお金を最大につぎこむのがイスラエル流。

軍事防衛システムでは世界の先端を行く、イスラエルのエルビット社が、またまた、マルチスペクトル赤外線、略して「MUSICシステム」を開発。ミサイルをよける技術はさらに驚くべく進化しています。エルアル航空はこのシステムを世界に先駆けて採用することにしました。

↓このMUSICシステムがエルアル機の胴体に装備されるわけですね。
C-MUSIC-LIVE-POD-credit-Assaf-Shilo-Israel-Sun-Photography.jpg

どの角度からも赤外線でミサイルを瞬時に捕え対応する「クリスタルボール・カメラ」を含むわずか2.7メートルの措置、航空機のボディに収まるように設計されています。

↓まるで番犬のようにミサイルを寄せ付けないカメラ
c-music-224x300.jpg


このシステムが作動すると同時に、ミサイルを避ける飛行ルートが自動的に作動するだけでなく、ミサイルの軌道を攪乱する赤外線やレーザーが!… まあ、旅客機も007の映画みたいになってきましたね。今やアメリカの民間機や政府専用機には取り付けられている「ミサイル回避システム」のニュースでした。

↓採用を決めて笑顔のELALのトップ、シュケディ氏(右)元空軍参謀です。
Shkedy-C-MUSIC.jpg
みなさん、これでエルアル航空が世界で一番安全だということがおわかりですか?」って言ってそう。




すいません、私も素人なのでシステムがよくわからないのです。 以下は投稿された方の引用を紹介します。

イスラエルの旅客機などは対テロ装備としてミサイル接近感知装置とIRCM(赤外線妨害装置)が搭載されているようです
http://en.wikipedia.org/wiki/ALQ-144
こちらのミラーボールのようなものがそれで、このミラーボールから赤外線をストロボのように点滅させることでミサイルの目であるシーカーを混乱させ、誘導を困難にする装置です。

少し前の話ですが、イスラエルの民間旅客機がケニアで携帯SAMに狙われたのですが、2発とも回避した事例があります
イスラエルだけでなくアメリカなどの国もリスクの高い地域を飛行する民間旅客機に搭載する計画があるようです

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

elal fan

Author:elal fan
エルアル・ファンクラブへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。