スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル航空のビジネスクラス

ビジネス・クラスでの検索が多いようなので、まとめてみました。
香港‐テルアビブ間の席は170度、ほぼ垂直に倒せるライ・フラットシート。足を伸ばして、楽々ベッドのように体を休めるのは長時間のフライトで助かりました。

LY-BUS.jpg

ビジネスの朝食はイスラエルの料理の鉄人監修の「イスラエル式朝食」ハーブ入りのオムレツと野菜サラダ、数種類のチーズ、それにパリパリのクロワッサンやふかふかのパンは好評です。フレッシュさが売りのようです。

bf_20110514100952.jpg
スポンサーサイト

機内の写真 ビジネスクラス

ビジネスクラスは香港から出ているB777は約30席ですね。前方にはファーストクラスは12席あります。

picture078lk_20110513204956.jpg

座席の配置は,2-3-2です。ふたりだと窓席と通路席のペアがいいですね。


AID TO JAPAN - ELAL in Operation

エルアル航空も医療団派遣と空輸についてレポートしてます。

ELAL ASIA

イスラエル医療団 日本テレビの「スッキリ!」

日本テレビワイドショー「スッキリ!」で今回のイスラエルの医療団についてのコメントがあったそうです。

ちょっとした総合病院

「宮城県南三陸町で3月28日から医療活動を続けているのがイスラエル国防軍の医療チームだ。それも半端じゃない。内科や外科はじめ、小児科、産科、耳鼻科、眼科の専門医師の総勢60人が、X線検査やエコー検査もできる機器を持ち込んでおり、ちょっとした病院がそのまま移動してきた感じだ。

コメンテーターのおおたわ史絵(内科医)が「医療の世界ではイスラエルは先進国なんです。カプセルでできた胃カメラなどを発明したのはイスラエル。国がこういうチームを即座に作れるのはすごく重要で、日本はこういうところはすごく弱い」という。」

NHKや民放のテレビ局も今回はイスラエルの派遣団についてニュースに取り上げが多いですね。

イスラエル医療団 ありがとう

宮城県南三陸町で仮設診療所を設置し活動していたイスラエルの緊急医療チームが、10日に診療を終え、11日に撤収することが決まった。外務省が6日明らかにした。
被災地の栗原町の町長が若いころイスラエル留学していたことが今回のきっかけに 

プレハブの仮設診療所は4月中旬をめどに地元の医療機関が引き継ぎ、医療チームが持ち込んだ機器の一部もそのまま提供される。
高額な医療機を置いて行くなんてすごすぎるねえ。

イスラエルの医師や看護師ら約50人は、多くの住民が避難生活を送る南三陸町のベイサイドアリーナ横で3月29日に診療を開始していた。
ほぼ一般の病院の設備と機器だったわけですね。

外務省によると、震災で外国政府から医療団が派遣されたのは初めてだった。
ハイチ地震の時もイスラエルの建てた野戦病院でどれだけの命が救われたか、今回もよくわかりました。 トダラバ(ありがとう)、イスラエル!.

israel-b747f-8471nx-dai.jpg
今回の医療機器や機材を運んだ、エルアル航空の貨物機、ボーイング747-400F型機。(成田空港)
真っ白い機体に[ELAL]と[cargo]の文字が見えます!

プロフィール

elal fan

Author:elal fan
エルアル・ファンクラブへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。