スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルートマップ

エルアル・イスラエル航空のルートマップです。(ヨーロッパと南米を除く)



アジアからは北京、香港、バンコック、ムンバイの4都市からです。
香港からは週5便、バンコクは週6便、北京が週3便 テルアビブと往復しています。
スポンサーサイト

ビジネスクラスの朝食

ホテルの朝食では軽いアメリカンタイプやコンチネンタル、肉類が多いイギリス式などいろいろ種類がありますが、イスラエルは独自の「イスラエル式の朝食」Israeli Breakfast なんです。

ユダヤ教の食事規定で肉類と乳製品は一緒に食べませんから、イスラエルでは朝は肉は出さずに、乳製品が中心メニュー。ヨーグルト、チーズの種類がこれまでかとテーブルに並びます。

ELAL BUZ BF2

地中海性気候で育った新鮮で甘い野菜や果物は日本人にも食べやすく、朝のホテルでのビッフエはなかなか健康的で人気があります。

エルアル航空でイスラエル式朝食を体験してください。

テルアビブからの飛行機で枕投げ 画像

今、YOU TUBEで話題になっているのが突然起こった「ルフトハンザ・ドイツ航空機内での枕投げ!」映像



乗客の一人が投げ返したことからみな、一斉にマクラを投げ始めます。CA添乗員のお姉さんが本字で投げ返しているのも笑えます。最後に拍手が起こる始末。この団体はフランス人なのですが、テルアビブからの帰国便というのが味噌です。(ありえる~) 副題は『聖地を舞台としたフランス・ドイツ戦争』だそうです。

まあテロに敏感なエルアル機内で起こることはないでしょうね。ゴルゴ13みたいなお兄さん達がどこかに座ってますから。きっと

ジェットブルー航空と提携

今、日本でも話題になっているLCC(ロー・コスト・キャリア=格安航空会社)1,2年後には韓国、中国、台湾などのアジア各都市に現在の半額ぐらいでいけそうな流れになってきました。安いだけにサービスと安全面は気になるところですが。

アメリカでは98年にスタートしたLCCの会社でジェット・ブルー航空があります。ニューヨークを中心に北米50都市+カリブ海の国にもつながっています。低価格はもちろんのこと、気のきいたサービスや革張りのシート、足下もひろいことで人気が高く、急成長した会社です。大手航空会社もその経営方針を学んでいるそうですから。

 ↑エルアルとジェットBの経営陣

本日のニュースは、このジェット・ブルー航空エルアル航空とインターライン契約を結んだことです。まあ分かり易くいいますと、エルアルの1枚のチケットの中にジェット社のアメリカ国内便も切りこめることです。荷物も最後の目的地にいきますし、乗り換えもスムーズ。テルアビブからアメリカの各都市に行きやすくなります。当然予約や変更もらくらくに。

同じように米でジェットブルーにチケットを頼めばエルアルのテルアビブのフライトまでケアしてくれます。
すでにルフトハンザ+JETは話題になっていましたが、エルアルもアメリカ国内をカバーする戦略でしょう。アメリカ50都市とNYを格安で結んでいるのは強みでしょうね。

jetblue-airways-flight-routes.gif

さてエルアルの直行便も待たれることですが、香港、北京へのLCC格安航空券が2万円ぐらいでから往復できれば、ELAL+アジアのLCCなんていかがでしょう。
まあ夢のようで1年後には当たり前になっているかもしれませんね。日本、アジアをカバーするエルアル航空のパートナーはいずれ現れますよ。お楽しみに!

jetblue.jpg

まずはジェットブルー航空のお手並み拝見です。

暑中お見舞い申し上げます。

 皆様、お暑い中ご苦労様です。お体に気をつけてお過ごしください。
エルアル航空機も少し涼しい写真を用意しました。

イスラエルも8月の最初は少し緊張した状態にありましたが、今は落ち着いたようですね。
観光や訪問する人にとっても、平穏な毎日が続いてほしいものです。


プロフィール

elal fan

Author:elal fan
エルアル・ファンクラブへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。