スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機の中でお祈りは?

イスラエルといえばユダヤ教。宗教家で敬虔な人は一日3回祈りますが、「立ってエルサレムに向かって祈る時はどうするの?」という質問がありました。 

回答は下の1枚です。前の座席ほうで祈っているのは初めて見ました。大抵後部座席なんですが。 
JEWISH PRAY

ちなみにイスラムの方は空港にお祈り場所があって出発直前まで祈っていましたが、飛行機の中でひざまずいて祈るの必要はないそうです。座って唱えるか、飛行機を降りてから祈りなおすか、それぞれみなさん工夫されているんですよ。 
スポンサーサイト

エルアル渡航記念証が出てました!

今年から、「エルアル航空」に搭乗する日本人にだけ特別に発行される 記念渡航書を入手しました!

在日イスラエル大使とエルアル航空の極東支配人のサインが入っているのでこれはホンモノでしょう。予約を入れれば旅行代理店かエルアルでもらえるそうです。 いやーなかなか立派、立派。エルアルさんやるじゃない。

ヘブライ語の下に日本語の挨拶訳が書いてありますね。 背景はエルサレムに向かう道ですか?



次回は、是非「死海文書」を真似て羊皮紙に古代ヘブライ語を書いて壺に入れる案はどうですか?
とりあえず私はも一枚いただきたい。そのためにはやはり夏にいくしかないかなぁ

エルアル航空の動画です。

おそらく、公式のエルアル航空コマーシャルではなく、個人で作ったCGバーチャル動画映像なのでしょう。

ミサイルをよけるシステムが搭載されているのは場面も出てきてハラハラします。音楽も映画「マトリックス」のようです。 YOU・TUBEにはエルアルの映像が満載で驚きました。紹介していただいたSさん。ありがとうございました。 

こちらからどうぞ→ バーチャル動画

お次は私も現地のテレビで何回かみたエルアル航空のコマーシャルです。 イスラエルの翼編!

こちらも是非→ エルアル航空コマーシャル
ベングリオン空港内の様子も映像でよくわかります

イスラエルのワインは如何ですか?

エルアルの機内での楽しみはワインの種類が豊富なこと。

EL FA WINE

イスラエルには全国に小さなワイナリーがたくさんあるのですが、それぞれ製法に工夫があって世界でも数々の賞をとっているようです。 ヤルデン、ガムラ、カルメル、タボール..... 味もそれそれです。

イスラエルは以前ワインよりもビールといった感じでしたが、ここ10年は赤ワインが健康にいいという事で人気が高まりどこのスーバーマーケットでも美味しいワインが手軽な値段で買えます。

エルアルのポスター(2) 1960年版

これは1960年のポスター。少し古いのですがコピーが有名な作品です。

「イスラエルのサービスとは与えられるものではなく、求めるものよ」と誰か言ってましたが、本当に飛行機に乗っているとフライトアテンダントさんは忙しそう。 時々同国のうるさいお客には「シェケット(静かに)!」と言ってもお客さんは決してめげることはありません。大臣も隣のおじさんも同じ人。

「でも、そんな何でも言えるエルアルのサービスはやっぱり家にいるみたいで最高!」と昔も今も人気は高いのです。

ELAL POS2

「お座席についておりますベルトをお締めください!べルトをゆるめておくつろぎください。雑誌ですか? 枕はいかが?  乗り心地はいかがですか?  いえ、奥きま、ELALの意味は「大空へ」でございます....そこは、ただボタンをおせば・・・ ノブをひっぱって! コーヒーですか? 紅茶? それともミルクにですか? ガムはいかが? フルーツは? いいえ、奥さま はあ? ええ いいえ! マティーニは2杯まででございます!...  コーヒーになさいますか? 私がやってさしあげます 年は23歳でございます。  それは禁じられておりますので いいえ、奥さま はい、奥さま またまたコーヒーですか?  ご気分はなおりました? もう一つお枕ですか? おかわいらいしこと... はい夕食です いいえ お願いですから!  また、コーヒーのお代わり? ベルトをお締めください  シャローム!」

テルアビブからずっと歩いてきたみたいな気持ちがするわ... そうよ、実際歩いてきたのですもの
フーッ

イスラエルの玄関口 ベングリオン国際空港

2004年にオープンしましたベングリオン空港のターミナル3です。チャーター機やカーゴなどをのぞく殆どの国際便がここから発着しています。こちらは到着ホール1Fです。

BGA.jpg

ホールからニョキッと天高く伸びている柱が印象的ですね。これは聖書に出てくるヤコブが、石を枕に寝ている間に天使が梯子を上り降りしている不思議な光景を見ますが、その天から降りてきた梯子をイメージしていると聞きました。ホールの天井が高いと広々と感じます。空港の施設などはまた別の機会に。

Tel_Aviv-3.jpg

エルアル・イスラエル航空 ボーイング763

颯爽と飛び立つエルアル機をアップします。 


エルアルの広告ポスター(1) 「ノアの箱船」

エルアルの広告ポスターはとにかく笑ってしまうものが多いです。
下のは旧約聖書の有名な物語「ノアの箱船」を飛行機に見立て、動物をはじめずらっと列で順番待ちをしています。




「私たちは、長い間観光ビジネスに携わってまいりました。」
とのコピー文句が英語で下に書いてあります。
うーん、ナイスですね。他にもいろいろありますので、紹介していきます。


ビジネスのサービス(2)

再びビジネスクラスです。日本からは一番利用の多い香港-テルアビブ線B-777のビジネスです。
どのくらいシートは倒れるの?と質問がありましたが、角度まで正確によく分からないので写真で見てくださいね。 




足を曲げているとはいえレディーは完全に横になっていますね。シート自体がリクライニングするのではなく、足のフットレスが長ーく伸びるようなので、日本の女性の身長ならくらく横になれるでしょう。
「シートは170度倒せるのが売りです!」と聞きましたが 170度って一体なんなんでしょう?枕があるからでしょうか。誰か教えてください。

空中で飲む一番おいしいワイン ベストワン

このブログもまだ一般に公開していませんが、すでにいろんな方に見ていただき感謝します。

さて2007年のセラー・インザスカイ 数ある航空会社のファーストクラス中でエルアルで出される白ワインが世界NO1に輝いているそうです。情報を提供していただきありがとうございます。そうですか。ワインはシャルドネ系2005年ものですが、エルサレムの近く「カステル」のワイナリーからです。

LY-WINE3.jpg


「カステル」はワイン通の人であるならイスラエルやエルアルの名前を知らなくても世界で有名なワイナリーで数年前から注目されています。わたしは赤しか飲んだことはないですが、1本170ドルしましたが、やはりその値段分だけの飲み価値はありますよ。日本人でも「カステル」のワインを買いにわざわざ現地に行くぐらいだったらファーストで飲み放題! さてどちらが高くつくのでしょうか? 一度飲んだら忘れられないカステル・ワインについてはこちらをご参考にどうぞ。 さらにこちらも詳しいです。 下の写真はファーストクラスの座席です。私は座ったことさえありませんが。







ビジネスクラス

こちらはビジネスクラスです。足も伸ばせてベッドの様に180度とはいきませんが、座席もよく寝ごごちはいいですねフットレストも長く伸ばせ、ゆったりスペースがありますよ。
食事は私の好きなイスラエルのワインの銘柄が選べたのが記憶に残っています。「ガムラ」のシャルドネ&キャビアはグーでした。このビジネスタイプはB-763 でバンコクや北京線にありました。LYヨーロッパ線でも見かけます。


El-al-business-class-01[1]

座席の配列は2-2-2で6席でした。。わたしはアップグレードで乗ったのですが、アジアから10時間以上もありますからタフなイスラエル人とのビジネス交渉の後は、疲れも取れて良かったと思います。

エコノミークラスです。

エルアル航空の機内へようこそ!

一列が3-3-3の横に9席です。
香港ーテルアビブ線はボーイング777(トリブル7)230席なので広くて快適、それに開放感がありますよ。エア・カナダでの777は3-4-3の10席で「詰め込みすぎ!」の印象があったので、これならゆとりがあって気持ちもおおらかになります。
音も静かでスヤスヤ眠りました。各席にはモニターが付いて好きな映画が見られます。操作ボタンは電話がついているのでとなり席のビジネスマンは、フライト中に食事時も国際電話をかけていました。カード払いとはいえ通話料はいくらになったのでしょうか? 食事は不可なく特にコメントなしです。

エルアルは、次世代の787を購入だそうで楽しみですね。でもやはりアメリカとの同盟国ですからボーイング社しか使わない。個人的にはフランス系の飛ぶホテルと呼ばれるエアバス380もいいと思うのですが、おフランスは参入の機会はとりあえずなさそうです。



成田-香港はキャセイのB-777でエルアルと同じでした。トランジットは香港で2時間位で便利なためでしょうか、往復とも阪急トラピックスの日本人グループが20名ぐらい乗っていました。 

機内の雑誌に書いてありましたが、ドイツが発表した「最も安全世界飛行機・ランキング」で1位カンタス(オーストリア)、2位キャセイ・パシフィック、3位全日空、4位エルアル・イスラエル航空、5位フィンランド航空です。イスラエルメダルに届かず惜しくも4位! でも上位の常連さんだそうで、キャセイも2位ですから安全面ではエルアル&キャセイで最強タッグに入るわけです。

サービスも大事ですけど「安全」がなによりと、エールフランス機大西洋での墜落事故など聞くとやっぱり信頼できる安全面を考えてしまいますよね。

クラシックモデル

写真はB-747 ジャンボの名で親しまれる大型機。1989年からのモデルです。懐かしい~ 青のツートンカラー。 機体がおしりをむけてすいません。




エルアル航空は東京に事務所があります。対応はヘブライ語かなと思ったらやはり日本語でした。私のよなマニアにも優しく女性の方が対応してくださり感謝でした。住所は飯田橋にあるそうですが、セキュリティ(さすがイスラエル!)の関係上、事前に電話で連絡してアポが必要です。香港までキャセイ航空や全日空、日本航空で行ってそれからエルアルでテルアビブという日本人のグループも最近多いようですね。2年前エルアルもキャセイ航空もどちらもB-777のガラガラだったので足を伸ばせて横になって飛行もサービスも快適でした。

エルアル・イスラエル航空 日本総代理店
住所:千代田区飯田橋2-1-4 九段セントラルビル
電話:03-3288-0022

初めてイスラエルの地に 飛んでテルアビブ

これも関西空港からのチャーター機です。関空といえば最近話題になっている「ハッピーフライト」のロケ地、ここが舞台ですね。最近では私のお薦めの映画作品です。

Image023.jpg

最初にエルアル航空に乗ったのは私が20才のころ。ギリシャで2-3日旅行した後、あこがれのイスラエルに向かいました。アテネの空港ではエルアル特別カウンターのセキュリティチェック。すべての係員がモサドに見えて緊張しました。「きっと、どこかでゴルゴ13が狙っているに違いない」とは当時漫画の読み過ぎでしょうか。
 
でも機内の中はみな笑顔。鼻の高く目がぱっちりしたスチュワーデス(当時はこの呼び名)さんを見てああイスラエルの人はこんな人なんだと一人で感動しました。ヘブライ語で唯一知っていた言葉「シャローム(こんにちは)!」というと「シャローム」と笑顔で答えてくれた時は嬉しかった。(なんてウブだったんだろう)
 
機内は一杯の人で帽子も黒、服も黒、夏なのにコートで顔のひげが長く どこかの映画の役者さん?と思う「黒い」集団がいて思わず足がとまってしまいました。向こうについてユダヤの宗教家と知りましたが、まるで中世の衣装の様でびっくりしました。 まさに異文化の体験オンパレードです。

さあ、いよいよテルアビブ上空にさしかかると、機内には軽快なイスラエルの音楽が。みなそれに合わせて楽しそうに歌っていました。飛行機が下降して着地した時には機内は大拍手。イスラエルも建国から戦いが多いなかで無事母国にいくことには特別な思いがあるそうなのです。

LYのキャビン・アテンダント in関空

エルアル航空のクルーの皆さんです。毎年秋頃に関西空港からチャーター機が飛んでいるそうですが、大阪の友人がたまたま記念撮影していたので携帯で送ってくれました。日本からも飛んでるんですねぇ。ほんと直行便ができれば便利なのに... 関西? 成田? またまた羽田ですかね。EL ALは旅行関係者の中ではLYとも書くそうです。エル・ワイと呼べば通と思われますので是非お試しを。


Flghit Attn

イスラエル航空のキャビンアテンダントさんはとても気さくでフレンドリーです。特に子供にたいしては気をつかってくれるで助かるとテルアビブ在住の日本の女性も言ってましたね。わたしは20才の時アンカレッジ経由、アテネからエルアルでイスラエルに行きました。次回はその思い出を書きます。

エルアルって何?

エルアル・イスラエル航空の「エルアル」は聖書からの引用だそうです。
旧約聖書にホセア書というのがあるのですが、そこの11章7節からだそうです。「上に向かって、または上方にむかって・・・」という意味があるのを知りました。 写真も今上方高く向かおうとしているエルアル機です。



10年前ぐらいは水色+紺のANA全日空のようなデザインカラーでしたよね。それが濃紺プラス銀になってかっこよくなりました。青はイスラエルの国旗のナショナルカラー。 尾翼は(すいません切れてますね)にはダビデの星。ダビデはイスラエルの王様です。さすが、元国営、スタンダードです。

エルアル航空のファンです。

エルアル・イスラエル航空の個人的なファンサイトです。私の好きなイスラエルに向かう国営のイスラエル機を写真などで紹介できればと思います。



これは今、香港とテルアビブを結んでいるボーイング777。日本から乗り継ぎもよく一番便利だと思います。 機内は、ユダヤ人が多くあの懐かしいイスラエルの雰囲気で一杯でした。
隣の席の人がヘブライ語で話しているのを聞くと気分はもうイスラエル!
プロフィール

elal fan

Author:elal fan
エルアル・ファンクラブへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。