スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルの翼は私たちにお任せ


スポンサーサイト

テルアビブ ビジネスラウンジ

テルアビブ・ベングリオン空港のビジネスラウンジです。

22020El-Al.jpg

32020El-Al.jpg

イスラエルの有名な建築家がデザインしたので、その方面の方も海外から見学に来るそうです。

航空の安全、イスラエルに学べ

SANKEI BIZ サンケイ・ビジネスより。 航空の安全、イスラエルに学べからの引用です。
アメリカ航空の保安について書かれた記事です。今のままでいくか、イスラエル方式を取り入れるべきか? 

header_logo_001.jpg

「もっと賢いセキュリティーチェックはできないのだろうか?

もちろんできる。イスラエルが手本になるだろう。何ならイスラエル総保安局に空港警備をアウトソーシング(外部委託)してもいい。同局は国営のエルアル航空を守る責務を負っている。

 テルアビブ郊外のベン・グリオン国際空港は、世界で最も安全な空港だと認知されている。航空機が同空港に到着したときには、すでにセキュリティー職員は注意すべき乗客を把握している。セキュリティーチェックのプロセスは、航空券が予約された時点から始まるのだ.....」(以上引用)

さらに詳しく読みたい方はコチラ→サンケイビジネス

日本でも始まるボディスキャナー

来年は日本に上陸! ボディースキャナー導入

fullbodyairp.jpg


航空機テロ防止のため搭乗客の服の内側を透視して不審物をチェックする「ボディースキャナー」について、国土交通省は8日、航空会社などが希望した場合は保安検査で使用できるよう、年内にも航空局のガイドラインを改正すると発表した。

金属探知機による1次検査の後、必要に応じて行う2次検査で、係員の手による接触検査スキャナーを使った検査のいずれかを、搭乗客側が選択できるようにする。
ただ、スキャナーの購入費用は1台約2千万~3千万円と高額なうえ、画像漏洩(ろうえい)などプライバシー問題への懸念もあり航空各社は導入に消極的。国交省は費用の半額を空港管理者の負担にするなどして、普及を図りたい構えだ。(産経新聞)

-アメリカでも触った、触らないで問題になっている接触検査とボディースキャナーがいよいよ日本でも始まりそうですよ。

空港でのインタビューと事前の情報によって1964年以降一件の不審者も見逃していないエルアル航空は接触検査とボディースキャナーは不十分だとして全く導入しない予定。まさに孤高のプライドでしょうか。 

うーんこの先世界基準はどのようになっていくのでしょう? 今時、飛行機の安全については最優先ですからね。
ちなみに空港でセキュリティにかかる費用はイスラエルでも半分は国が負担しているようです。

羽田から世界へ そしてイスラエルへ

羽田から国際定期便がいよいよ本日からスタートです!

新しい国際線ターミナルが10月21日にオープンした羽田空港からの国際定期便が31日、32年ぶりに再開し、初めての便となる日航機が、アメリカ・サンフランシスコに向けて飛び立った。

JALJAL.jpg


31日午前0時すぎ、初めての便となる日航機がターミナルを離れると、日本航空のスタッフらが手を振って見送った。
JAL 日本航空のサンフランシスコ便は、通常、午前0時5分出発だが、31日は急きょ5分前倒しで出発することになり、午前0時出発の全日空機を上回り、初めての便となった。

羽田空港からの国際定期便は、1978年に成田空港が開港して以来なくなっていたが、4本目の滑走路となるD滑走路が完成して、発着枠が大幅に拡大したことなどから、32年ぶりに再開された。

国際線は、2011年2月末までに順次就航し、フランス・パリやアメリカ・ロサンゼルスなど世界11の国と地域、18の都市と羽田が結ばれることになる。

JALPAKさんのツアーでは 羽田~香港をJAL香港~テルアビブをエルアル航空で結ぶデラックス9日間のツアー。の乗り継ぎは楽しみですね。 

詳しくはこちら→イスラエル周遊と死海の浮遊体験9日間

JAL2.jpg ELY-4X-ECA-Boeing-777.jpg

プロフィール

elal fan

Author:elal fan
エルアル・ファンクラブへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。